名古屋で新しい働き方の実践ならここ!ディーセントワーク・パラレルワーク「働くよろこび」「生きるよろこび」をどんなひとにも!

5つのポイント

  • HOME »
  • 5つのポイント

笑いヨガ(Laughter Yoga)の5つのポイント

1、笑いヨガは、

誰でもがユーモア、冗談、コメディなどに依存せず、

理由がなくても笑うことができる、ユニークな健康法である。

 

2、最初はグループでエクササイズとして笑うが、

アイコンタクトと子どものような遊び心を利用することによって、

本物の(自然な)笑いが生まれ、人から人へと伝染していく。

 

3、笑いヨガという名前は、

笑いのエクササイズとヨガの呼吸法を組み合わせたことに由来する。

こうすることによって酸素が身体にも脳にもより多く吸収され、

活力と健康を実感できる。

 

4、笑いヨガは、

身体が、意識的に行う作り笑いと本物の笑いの区別がつけられないという

科学的な事実に基づいている。

どちらからも、同じ生理学的・精神的効果が得られる。

 

5、笑いヨガは、インドのマダン・カタリア医師が、

1995年にムンバイの公園で、たった5人で始めたものだが、

急速に世界中に普及し、

今や約80カ国で何千もの笑いクラブが活動している。

笑いヨガを実践する3つの理由

1、科学的に実証されている笑いの健康効果を得るためには、

10〜15分間、継続して笑う必要がある。

笑いヨガは、エクササイズとして笑うものなので、

いくらでも笑うことができる。

日常生活のなかでも自然な笑いはせいぜい2〜3秒で、

これでは、生理学的・生化学的な変化をもたらすには十分ではない。

 

2、笑いの健康効果を獲得するためには、

横隔膜を十分に動かし、大きな声で深いところから腹から笑う必要がある。

大声で笑うことは、社会的には受け入れられないかもしれないが、

笑いクラブはその意味で社会的な制約のない、

安全な環境であり、のびのびと笑うことができる。

3、普段の生活で自然に笑うにはいろいろな条件が必要だが、

笑いたくなる理由はあまりない。

偶然に任せていては、笑うチャンスがなくなってしまう。

対照的に、笑いクラブでは、偶然に任せることなく、

笑おうという意識をもっているので、

確実に笑いの健康効果が得られるのである。

 

笑いヨガの5つの効能

1、気分を高める(個人的な効果)

笑いヨガは、脳細胞のエンドルフィン分泌を活発にし、

数分とかからないうちに気分転換でき、気分が良くなる。

気分さえ良ければ、何でも気持ちよく、

うまく進めることができる。

1日中、明るい気持ちで過ごすことができる。


2、健康上のメリット(個人的な効果)

笑いヨガは、ストレスを軽減し、(自己)免疫機能を高める。

(自己)免疫機能が高ければ簡単には病気にならず、

慢性的な持病がある場合には、回復を早める手助けとなる。

 

3、仕事上のメリット(個人的効果、社会貢献効果)

脳が最大限能力を発揮するためには、

他の臓器よりも25%余計に酸素を必要とする。

笑いのエクササイズは、脳を含め全身への酸素供給を増加させ、

仕事の効率を能率を高める。

エネルギッシュに仕事に取り組むことができ、疲れにくくなる。

 

4、人と人とをつなぐ(社交上の効果)

生活の質は、友人や人間関係の質に左右される。

笑いは人と人とをつなぐことで、

互いに思いやり、

分ちあう良き友達との人間関係を構築してくれる。

5、困難な時にも笑うことができる(個人的、社交、社会貢献)

ものごとがうまくいっている時には、

誰でも笑うことができるが、

無条件の笑いを教える笑いヨガならば、

厳しい状況にあっても笑うことができる。

(笑いヨガを定期的に行うことで)

逆境の耐える強さをもたらし、

周囲の状況にかかわらず、

前向きな心のあり方を維持する手助けとなる。

 

笑いヨガのスピリット 5つの原則

1 自分を偽らず、ありのままでいること

もっと笑いたいなら、本当の自分を見つけること。

自分らしく、別人になろうとしないこと。

真実こそが常に力である。

心の底から幸せであろうとする気持ちを

抑制しているものは何だろうか?

 

2 人生の目的は貢献することで、何かを成し遂げることではない

人生の目的は世界に意味のある貢献をすること。

業績をあげることではない。

ストレスを軽減し、心の内に喜びと満足を生み出す笑いの力は、

私に大きな充実感と満足感を与えた。

 

 

3 最善を尽くしたら、後はなりゆきに任せること

人事を尽くして天命を待つ

最悪の時にも、隠されたチャンスや、

人生を豊かにしてくれる教訓や、

新しい選択肢が必ず示され、

私たちはあれで良かったのだ、と確信するようになる。

しかるべき時が来れば、ちゃんと結果がついてくるものなのである。

だから諦めないこと。

とにかくトライし続けるのだ。すべてのものごとに理由がある。

 

 

4 「感謝」と「許し」は魔法の言葉

笑いの内なる精神は、

私たちに人の行為や業績を認め、

感謝することを教えてくれるのみでなく、

人を許し、敵意や憎悪などの荷物を
長く背負わないための手助けもしてくれる。

 

 

5 自分が変われば、世界が変わる。

研究によると、

私たちの時間の実に80%が、

他人の行動や状況に対して反応することに使われているらしい。

人生を前向きな方向へ進めることに使っている時間はほとんどない。

怒りよりも、思慮深い行動の方が、

長期的には効果が大きい。

共感と理解は、心を変化させることのできる素晴らしい2つのツールである。

「この世界から闇をなくすことはできない。

闇をなくす唯一の方法は、(自ら)明かりを灯すことだ。」

インドの諺

 

 

 

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter