会場 日本特殊陶業市民会館(名古屋市中区)

「キャリア」の語源はラテン語の「カラリア」で

馬車が道に残す車輪のあと(轍)のこと。

始めて知った。

ただこの場合、たどってきた道ではなく

未来の道を考えること。

「将来の見通しが立たないと毎日を生ききれない。」

とても共感。

先のことは誰にも分らないけれど

こうしていきたいんだとか

本来こうあるべきなんだとか

そんな指針があるだけでなんとか今日を生きられる。

もっと働きやすい職場環境にするにはとか、

男女平等の社会の実現とか。

あと、これから必要な力は「変化対応力」という。

確かに。

「失敗する権利」についても

ほんとそうそうと思った。

傷ついて帰ってこれる場所があってそこがほっとできるなら

失敗もひとつの経験となるからだ。