第5回目

「働き方を語る」しらふでまじめなおひるの懇親会

を開催しました。

2018年10月27日(土)11~13時

会場 マーノ・マッジョ(JRタワーズ)*イタリアン

 

今回はこんなことが話題になりました。

1、「働き方を語る」と枕詞をつけた理由について(※1)

2、労働災害予防及び労働災害請求

(通院に要した費用も移送費として要件を満たせば支給されます。)

3、労働災害に関する過失相殺

4、障害者雇用水増し問題

5、女性活躍を阻むもの

6、タイムカードの信ぴょう性

7、完璧な機械とそれを使いこなせない人間

8、居場所としての会社

 

 

次回は、

第6回「働き方を語る」しらふでまじめなおひるの懇親会

2018年11月24日(土)11~13時

会社員も自営業者も

正規職員も非常勤職員も関係なく

まじめに「働き方」を考え、一緒に語りませんか?

「働き方を語る」しらふでまじめなおひるの懇親会

 

※1「働き方を語る」と枕詞をつけた理由について

様々な制約がありながらも「働きたい」と思う人と

人材不足の企業とのマッチングを考えています。

答えは既に出ています。

週4または週2正社員制、短時間正社員制など。

しかし、

現場の慣習や、

人々の働くことに対する画一的な考え方や、

特に長時間労働を美徳とする考え方や

お客さんの無理に応えすぎる企業や

(これには消費者の課題も大きいです。)

正社員として働く責任感の問題や

などなどが

複合的にこんがらがって

実現が難しい状況にあります。

そこで、

何かいい方法はないものかと

おいしいもんでも食べながら

わいわいと気楽に話せたら

ちょっとは気持ちが明るくなるのではないか

といったところです。

誰もが仕事を通じて社会とつながり、

自分の良さを発揮できる社会の実現のために。

もちろん

働くことに関して付随する様々なことも

わいわいとしゃべるのもありです。

生きることは働くことであり、

働くことは生きることであるからです。