きれいな音色と

かなしみの時間は比例する。

だからこんなにもこころに響くのだ。

いい映画でした。

60代後半でのデビューにも

あきらめずに続けていく強さを感じた。

「人生は自分を愛する旅」

自然体でステキだった。

*映画「フジコヘミングの時間」

★ブログ20日目★