昨夜は、

認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク

トークセッション

『戦争と性暴力の比較史へ向けて』著者たちが語る

へ参加しました。

講師 上野千鶴子、茶園敏美

進行 須藤八千代

会場 ウィンクあいち15階愛知県立大学サテライトキャンバス

 

「生き延びるための多様な戦略があり、それぞれに価値があり尊重されるべき」

という最後に確かにそうだなと思った。

私自身、今まで語ってきたこと、

語らずにきたこと、

途中で語るのを止めたこと

いろいろあるけれど、

その多様な戦略は、

必ずしも他者から受け入れられるものばかりではない。

だから沈黙する。

だからそれはなかったことになる。

その語りに耳を傾ける人がいないことが

課題なのか。

とかとかいろいろ考えたトークセッションでした。

★ブログ17日目★