笑いヨガ(ラフターヨガ)セッション後

 

 

 

 

 

 

 

 

笑いヨガ(ラフターヨガ)セッション前

 

 

 

 

 

 

 

 

愛知県行政書士会名南支部研修

「笑う体操×ヨガの呼吸法(腹式呼吸)

笑いヨガで健康職場」

講師 ゆりりん(西垣裕里)社会保険労務士

開催日 2018年3月28日

会場 石川行政書士事務所(名古屋市熱田区)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★参加者の声(笑いヨガセッション後)★

「やる気が出てきた。何でもかんでも笑える。とにかく楽しい。」

(石川光男行政書士、愛知県行政書士会名南支部長)

「ある程度、気楽に笑いができる。心身ともリラックスできる。気分爽快に積極的に話ができる。」(鰐部伸一行政書士)

「笑いヨガに参加して、久しぶりに心から笑うことができました。今後も踏ん張る力が湧いてきました」(海野義隆NDB・LLC代表通信コンサルタント)

「上半身が楽になりました。初めての参加でも理解できた。」

「気分が良くなる。悪いことが忘れる。リラックスできる。長生きできそう。」

(田中正一税理士)

「深呼吸が少し上手になりました。家で孫と一緒に実践してみたいと思います。腹痛が治りました。」(小嶌招啓特定社会保険労務士)

「行政書士なりたての村瀬と申します。今日こうしてラフターヨガを実践することによって皆様の仲間入りができたような気がします。よろしくお願いします。」

(村瀬貴光行政書士)

「気分が明るくなった気がする。意外にしんどい。」

★参加者の声(笑いヨガセッション前)★

「惰性で生活している感じ。笑いが出ない」

「非常に落ち込んでおりました。」

「気分が良くない。心配なことがある。緊張している。病気になりそう。」

「疲れている」

「気分そこそこ。少々構えがある。」

 

★ゆりりん(認定笑いヨガ講師、特定社会保険労務士)コメント★

楽しい時に笑うことは誰でもできます。

しかし、今後ますますAIの時代になり、

士業の手続き業務が厳しくなる中、

人にしかできない士業の在り方を

私も含めて模索しています。

逆行時こそ、笑うことが必要です。

まず、笑うと一瞬で気分が良くなります。

幸せホルモンエンドルフィンやセロトニン分泌が関係していると

言われています。

笑うと楽観的になります。

当たり前ですが、

大笑いして悲観的になる人は

あまりいません。

私たちは普段

できていないことや欠点ばかりに

目が向きがちです。

呼吸を整えるだけでも

少し落ち着きます。

「長生きしたければ、長息しよう」

という言葉どおりです。

今回は、男性の参加者が多いだろうと予測して

海原純子著「男はなぜこんなに苦しいのか」朝日新書2016

を参考文献として紹介しました。

特にその中でもストレスを消す方法として

1 深呼吸

2 適度に体を動かすこと

3 睡眠

4 気持ちを話せる仲間や家族

5 自然とのふれあい

この5つが紹介されており、

「笑うヨガで全部できるじゃん」

と思い、どんどん実践を行いました。

いかがだったでしょうか。

いろいろ笑う効能はありますが、

「一緒に笑うと楽しい」

シンプルにこれにつきます。

楽しい時間をありがとうございました。

士業同士、これからも依頼人の様々な

ご要望に応えるために

いい関係作りをしていきたいと思っています。

私は助けてもらうばかりですが。

とにかく身体が基本です。

自身の心身の健康なくして

士業の発展なし!

講師依頼は、下記をクリック!

講師依頼