「働き方は、

市民マラソンに例えると『走り方』に同じ。

完走したいという目的は同じ。

でも、一番になりたい人から、

仮装して楽しみたい人まで様々。

・・・キャリア発達という視点で個人の成長をとらえ、

上位者が部下の支援を」

久しぶりに心理学の話を聞いた。

現実を受け入れることは大切だが、

理想を高く持ち、

職場環境に働きかけたいと思った。

違和感は何かのサインで、

不満や不快感を感じるセンサーが正常な証拠。

少し安心した。

 

「組織の中で感じる違和感~臨床心理的視点から~」

中京大学臨床心理学相談室 第15回公開講座

講師 三宅美樹

2018年2月24日