(写真左まりりん、右ゆりりん)

 

 

 

 

 

 

 

次回の開催のご案内はこちら↓

笑いヨガの先生になりませんか?

 

 

 

 

 

 

 

まりりんコメント(笑う前)

 

 

 

 

 

 

まりりんコメント(笑う後)

 

 

 

 

 

 

笑いは、人の為ならずであることを

講師の私が一番身体で感じた2日間でした。

2017年5月20日~21日

ラフタークラブゆりりん主催

笑いヨガ講師養成講座を開催しました。

私は笑いヨガ講師になり、まだ5年ですが

この5年間1日も欠かさず苦しい日もつらい日も笑ってきました。

笑いヨガの効果を良く知っているつもりでいましたが、

本当にこの2日間私が一番笑う力のすごさを実感できました。

ありきたりですが、

笑って、元気になりました。

笑って、前を向こうという気になりました。

笑って、嘆いている時間はないと思いました。

笑って、過去を肯定しないメリットは何もないと感じました。

笑って、しかたないこれが私と開き直りました。

笑って、人から言われて傷ついた言葉を何回も思い出しすのは止めようと思いました。

笑って、つらかった出来事から何を学べるかを探そうと思いました。

笑いヨガの効果効能は、いろいろたくさんありますが、

「一緒に笑うと楽しいね。」

これが笑いヨガの本質です。

かんたんなことほどむずかしいのものです。

私は、いろいろな人に笑いヨガを誘ってきました。

私は、あなたを変えたいわけではないんです。

笑う喜びを分かち合いたいんです。

それでも、変わるつもりはなくとも

自然に変わってしまうのが笑いヨガの魅力のひとつでもあるところが、

笑う力のすごさでもあります。

誰もが楽しく笑って生きていきたいし、

しあわせになりたいと願うものです。

そのために何をするか。そこで、

笑いヨガで笑ってみませんかということなのです。

エクササイズとしてもっと積極的に笑うことを

生活に取り入れませんか?

「笑う門には福来る」ということわざのとおり、

「笑う」から福が来るのであって、

福があって笑うわけではないのです。

待っていてもしあわせは来ません。

物事をいい方に考えるにしても、

理屈でなく辛く苦しい時にはそれがむずかしいのものです。

ですが、とにかく笑ってみる事で自然といい方向に向かうから不思議です。

ですから、笑いヨガはいつも笑っていることを強要するものではないのです。

今回、受講生のまりりんから教わったことですが、

「笑いヨガは、笑うエクササイズを行うことで、マイナスの感情を一気にプラスに変わる。(ゼロに戻すのではなくて。)」

なるほどと思いました。

それでもあまりにマイナスに傾いているときは、

笑ってもゼロに戻るくらいですよ。

マイナス思考をストップさせる力はあろうと思います。

それが、自分をそれ以上自分で傷つけることを止めるということだと思っています。

ですから、

泣いてもいいんです。

怒ってもいいんです。

凹んでもいいんです。

それでも笑うエクササイズなら、

笑うことができます。

私はそんな笑いヨガが大好きです。

あなたも笑う喜びを伝える人になりませんか?

泣くだけ泣いたら一緒に笑おう!

そんなメッセージを伝える人になりませんか?

だって、「今」と「これから」しか私たちにはないのですから。

次回は、2017年8月を予定しています。

詳細は、後日。

お楽しみに。

まりりんコメント(笑う前)「再び酒酔い・・・。今回は前回の体験とは違い講師資格(取得)目的があるので、ドキドキしています。現在はテキスト乱読、様々な様々な他の情報も入り乱れ点在しているので今日、線につなげたい。」

まりりんコメント(笑う後)「最初の試験は、緊張で真っ白・・・まさに点々バラバラその場しのぎにムリやりつないだけれど、その現状をふまえての丁寧なご指導で体系的に学べました。現在の社会とつなげた話は社労士さんならでは!笑いで日本が変わりそうです。日常生活に落とし込み講座開設も頑張ります。」

*ちなみに役割交代(ロールプレイ)は試験ではありません。

理解できていること理解できていないこと、

できる事できない事を明確にすることが目的です。

また、私も初めからできたわけではないということを

しっかり覚えておいてほしいという思いもあります。

練習すればだれでも出来るようになります。

私たちは不思議なことに、

自分が出来る事は大したことではないと思いがちです。

できるようになったときに、

この体験は必ずあなたを助けてくれます。