絵本「こころにすむおおかみ

インディアンのティーチングストーリー」

絵 Obq 文・構成 中村光宏

再話提供 北山耕平

じゃこめてい出版 2014年

 

深い話だ。

私もあまりに正直に生きると、

怒りや争いや疑いや悲しみが絶えない。

それでもうれしいと感じたり、

人を信じるこころだったりも私の中にある。

長年あまりにもネガティブなものを抑え過ぎ、

その黒いものがどかんとで続けたことがあったが、

出しても出してもキリがなく、

それだけその黒いものは、際限がなく、

とうとう最後は出しても出してもスッキリすることなく、

絶望だけが残った。

そして今、自分の中には良いオオカミと悪いオオカミが

いることが自覚でき、

そしてありのままであると悪いオオカミが勝つこともよく分かり、

だからそ、勇気と信念を持って

良いオオカミと仲良くなりたいと思っている。

まだまだ道は続きそうだけれど。