ラフタークラブゆりりんニューズレター56

ラフタークラブゆりりんニューズレター56 PDFファイル

 

笑いヨガで福来る!

ラフタークラブゆりりんニューズレター56

2016年9月1日号

 

第3回目が終了しました。

「笑いヨガ&ワンポイント労働法~賢く働くために~」

2016年7月29日開催

 

テーマは、「笑いヨガ&改正パートタイム労働法」でした。

 

前半は、いつものように

笑いヨガ基本エクササイズで身体と心をほぐしました。

 

5回講座の良いところは、

参加者の方の変化が分かるところです。

 

まず、服の色が明るくなります。

私も笑いヨガをはじめてから、

キレイな色の服をを着るようになりました。

(衣装はほとんど手作りです。)

 

そして、顔つきが変わります。

顔は変えられませんが、

顔つきはかえることができます。

 

そうすると印象も変わります。

気分もいいはずです。

 

「笑いヨガ」と聞いて、

なんかよさそうだなと

素直に取り組んで頂いた効果です。

 

はい、笑う門には福来る!

あなたにはどのような福が来ましたでしょうか。

 

それと、

5回講座のメリットですが、

「今日は笑う気分でないから、参加したくないなあ。」

という日でも、

「申し込んだから参加しよう。」

と思ってもらえるところです。

 

4か月に渡る講座です。

3回目4回目あたりに必ずそんな日もあります。

 

楽しい気分の日に笑うことは簡単です。

でも、ストレスフルな日に笑うことは難しいです。

 

ムリに笑う必要はありませんが、

その1時間だけでも気分転換ができます。

 

そのセッションが終わって、

家路につくころにはまた心配事が

あたまから離れないこともあるでしょう。

 

それでも、その1時間笑って気分転換できると、

いくぶん気も楽になるはずです。

 

これは、笑ってごまかしているわけでも、

困難を笑い飛ばしているわけでもありません。

 

飛ばしたはずの困難が、

戻ってくることもあるからです。

 

それでも笑う力は偉大であると、

私は思っています。

 

私は、講師の立場で笑いヨガセッションを

行っていますが、

私も参加者の皆さまと同様、

毎日楽しいことばかりではありません。

 

私も笑いヨガセッションをすることで、

ずいぶん気が楽になり、

助けられています。

 

そのような分かち合いもできたらと

思っています。

 

後半は、改正パートタイム労働法の解説をしました。

ポイントは、

1、パートタイム労働者の公正な待遇の確保

(→同一労働・同一賃金とはいえ、該当者はわずか。)

2、パートタイム労働者の納得性を高めるための措置

(→賃金体系など説明を求めたことによる不利益取り扱い禁止)

3、パートタイム労働法の実効性を高める為の措置

(→罰金規程)

 

改正ポイントよりも

私が問題に感じているのは、

雇用形態がその組織での

身分制度になっていることです。

 

これからの超高齢社会においては、

さまざまな働き方(ダイバーシティマネジメント)

が求められています。

 

短時間労働者であるから、

半人前という考え方では時代遅れです。

 

そして、働き手の側の意識改革も必要です。

以前の職場がそうであったから、

今の職場もそうであろうということは

必ずしもありません。

 

企業もこれからの時代の生き残りをかけて

変化しようとしています。

 

働きやすく、企業も発展する。

そんなふうになるといいですね。

 

次回のご案内です。

「笑いヨガ&ワンポイント労働法~賢く働くために~」

第4回目 2016年8月26日(金)10:15~11:15

当日受付OK 参加費1,500円/回

主催 ラフタークラブゆりりん

会場 イーブルなごや(名古屋市男女参画推進センター・女性会館)

 

 

ぶん 西垣裕里(ゆりりん)

認定笑いヨガ講師、精神保健福祉士、社会保険労務士