ラフタークラブゆりりんニューズレター55

ラフタークラブゆりりんニューズレター55 ←PDFファイル

 

 

「家事をしながら笑う?!」

ラフタークラブゆりりんニューズレター55

2016年7月1日号

 

笑いヨガ&ワンポイント労働法~賢く働くために~

笑いヨガで大笑いして、

賢く働くための労働法をワンポイントで学ぶ、

第2回目が終了しました。

2016年6月24日開催。

これからの時代、女性も労働法の知識を得て働くことは、

事業主とよりよい関係を築くためにも必須です。

第2回目のテーマは、

「笑いヨガ&再就職なんでも座談会&ワンポイント労働法」

でした。

 

まず前半の笑いヨガでは、

「家事ラフター」を行いました。

家事をしながら(講座では、する真似をしながら)笑います。

 

笑いヨガのエクササイズには、

基本的なものが約40種類あり、

創作を加えるとその数倍の種類があります。

 

基本はあるけれど、決まりのない笑いヨガは、

どんなものでもエクササイズになります。

子どもの遊びに決まりがないのと同じです。

(笑いヨガは、子どものあそび心をベースとしたユニークな笑う体操です。)

 

笑いヨガ講座で、講師の真似して笑っているときは、

とても簡単に思えますが、

家に帰ると忘れてしまう方は、

この「家事ラフター」が最適です。

 

家事も、外注すれば年間300万円にもなるという調査もありますが、

多くの場合、女性が無償で特にありがたがられることもなく

行っている場合が多いものです。

ストライキもありですが、

(私も時々ストライキします。)

どうせやるなら楽しく行いたいものです。

 

笑いヨガは、とにかく実践です。

ぜひ、お試し下さい。

声を出すのが恥ずかしい方は、

サイレントラフターでどうぞ。

 

後半のテーマは、「再就職なんでも座談会」でした。

いろいろなお話を伺いますが、

多いのは、

「雇われている立場で、意見が言えない。」

これです。

 

今回参加しなかったEさんにその理由を尋ねたところ、

やはりこれでした。

 

 

気持ちは分かりますが、

この先、事業主とよりよい関係を築いていきたいからという

気持ちを前提に、お話されてみてはいかがでしょうか。

残念ながら、その気持ちが片思いの場合は、

またその時に考えればいいのです。

 

「不満なら辞めればいい。」と言われるのが怖い

ということでもあるのですが。

これはある程度は仕方のないことではあるのですが、

ただ、虚偽の労働条件の明示や

同意のない労働契約の変更は、

労働基準法や労働契約法に抵触しますので、

不満の内容を伝えて下さい。

けんか腰にならないように。

あくまでも穏やかに。

 

困ったときは、お気軽にご相談下さい。

本講座の前後に、個別相談も行っております。

 

来月もこのシリーズあります。

気軽に学びに来てくださいね。

第3回目のテーマは、

「笑いヨガ&パートタイム労働法」です。

2016年7月29日(金)

詳細こちら http://nekonorin.com/?page_id=6342

 

(文 西垣裕里 認定笑いヨガ講師、社会保険労務士会、精神保健福祉士)