ラフタークラブゆりりんニューズレター51

ラフタークラブゆりりんニューズレター51 PDFファイル

 

ラフタークラブゆりりんニューズレター51

2016年4月15日号

「笑いヨガって何???」

 

笑いヨガとは何か

という、私がTwitterで発信している情報が、

他の情報よりも関心をもたれています。

 

私は、笑いヨガがこんなにもテレビや雑誌に

取り上げられるようになり、

知っている人が増えたという印象がありましたので、

少し以外でした。

 

そこで、本号では、

改めて笑いヨガとは何かのご説明を

したいと思います。

そして、私がこの4年間実践してきた、

笑いヨガの魅力も語りたいと思います。

 

テキスト通りには

まず、テキスト通りの笑いヨガのご説明です。

笑いヨガとは、世界的にはLaughter Yogaといいます。

Laughter Yogaは、ラフターヨガと読みます。

 

  • 笑いヨガは、ユーモア、ジョーク、コメディを使わず、理由なしで誰でも笑うことができるユニークなエクササイズです。
  • まずは、グループでエクササイズ(作り笑い)として行いますが、アイコンタクトや子どものような遊び心で、すぐに本当の笑いに変わります。
  • なぜ笑いヨガと呼ぶかと言うと、笑うエクササイズ(体操)とヨガの呼吸法を組み合わせたものだからです。新鮮な酸素が大量に身体に入り、エネルギーが溢れ元気になるのを実感できます。
  • 笑いヨガのコンセプトは、身体には、作り笑いと本物の笑いの区別がつかず、どちらも身体的そして精神的な効果を得る事が出来るとの、科学的根拠に基づいて作られています。
  • 笑いヨガは、1995年にインドの内科医、マダン・カタリアによって考案されました。最初はムンバイの公園で、たった5人で始まりましたが、あっという間に、世界中に広がり、現在105か国(2016年4月現在)で定期的に活動している笑いヨガクラブが数多く存在します。

 

と、言われても何のことか

さっぱり分からないという人に

 

一言でいうと、

笑いヨガは、

「インドの内科医マダン・カタリア博士が考案した、

子どものあそび心をベースとしたユニークな笑う体操です。」

と、私は説明しています。

 

よくある質問

として、以下の2つがあります。

「ヨガのポーズを行いながら笑うのか?」

「心からの笑いの方がいいのではないか?」

 

 

この際、上記2つの質問にお応えします。

日本でヨガというと、

ダイエット目的で難しいポーズを行うものという

イメージが先行しています。

 

しかし、

ヨガというのは、

「身体」「心」「社会的」「たましい」

この4つが健康になることをいいます。

 

ですから、インドでは、

ごはんを食べることも寝ることもすべて

ヨガです。

そう考えると

笑いヨガは、「笑うヨガ」でもあります。

 

2つ目。心からの笑いについて。

ご質問される方の背景には、

作り笑いは、愛想笑いのことだと

思っているようです。

だから、それは、もうすでにできていて

これ以上したくないと思っているようです。

 

私たちは、子どもの頃、

しかもまだ社会的な評価を

気にもしていなかった頃、

どんなことも遊びになったし、

ささいなことで笑い転げていました。

 

発送力も柔軟で、

そこにないものであっても、

自由にイメージして

遊んでいました。

 

笑いヨガの笑いは、

そのような笑いを思い出すためのものです。

 

それに影響され、

子どもの頃に好きだったものも思い出します。

 

私の場合、

「純粋に身体を動かすことは好きだった。」

ことを思い出しました。

学校の体育は嫌いで、

成績も悪かったのですが。

 

気持ちがへこんだとき、

特に人と比べてへこんだ時、

純粋に好きなことをすると、

「いつも通りの私」に早く戻ることができます。

 

笑いヨガも、

5~10分エクササイズとして、

そして、

思い出したときに、

また、手洗いしながらとか

(ながら笑い)

ムリなく実践してみて欲しい

と思っています。

 

少し前の記事ですが、

日本経済新聞(2016年2月4日)

 

全国の65歳以上の男女2万人を

対象にしたアンケート調査で

日常生活で声を出して笑う頻度が、

「ほぼ毎日」男性39%、女性49%

「ほとんどない」男性10%、女性5%。

そして、笑いの頻度に応じて自信が評価する

健康状態は、

ほとんど笑わない人で現在の健康状態について

「あまり良くない」「良くない」と応えた人の割合は、

ほぼ毎日笑う人に比べて

男性が1.54倍、女性が1.78倍

高かったことが分かりました。

 

高齢者サロンなどに

私が、笑いヨガの講師に招かれる際も、

会場の約1割の方が、

参加しようとしません。

ムリに笑う必要はありませんが、

普段、ほとんど笑わない人は、

なかなか笑うことが

難しいのではないかと推測します。

 

普段からよく笑っている方はともかく、

ほどんど笑わない人に

継続してじっくりと取り組みたいという

思いはありますが、

ほどんどが一期一会で

笑いヨガのご紹介に終わりいつも

残念に思っています。

 

これは、高齢者のみならず、

どの世代にも当てはまると思っています。

 

来月より、

笑いヨガの毎月1回全5回講座

を開催します。

「笑いヨガ&ワンポイント労働法

~賢く働くために~」

詳細 http://nekonorin.com/?page_id=6342

笑うことが必要なのは、

高齢者だけではないはずです。

働く世代にも必要です。

笑いヨガ実践と

賢く働くために必要な労働法を

ワンポイントで学びます。

現在、働いている方も、

これからの方も、

ぜひ、ご参加下さい。

 

特に本会では、

○○だけれども、働きたいあなたを

応援しています。

ブランクがある、障碍がある、

定期受診が必要、子育て中、

要介護者がいるなどなど。