「ブラックバイトに苦しむ学生」

中日新聞 2015年11月11日

内容

新人研修まで任されることも。

授業に遅れたり休んだりすることも。

それでは、本末転倒。

しかし学費を稼ぐために辞めることができない。

 

コメント

まず、

厚生労働省HP「知って役立つ労働法 働くときに必要な基礎調査」

があります。

こちら http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudouzenpan/roudouhou/

 

未来ある大学生へ。

最低限の知識をもって働いてください。

また、働くことは「労働契約」です。

労働条件を確認して、書面でもらってください。

お金が欲しいという理由ばかりでなく、

社会的役割を果たす「仕事」という意味を考えてください。

学生バイトだからなんでもいい、ではなく。

あと、学費が払えないと大学に交渉したという人が以前いました。

学ぶ権利があるはずですので、

学則を読んで大学と交渉することもありです。

結果はわかりませんが。

「仕事」の第1歩が、

あなたにとってよい1歩となりますように。

ただ、仕事先でも言いなりになり、

大学側の言いなりにもなっているように思います。

学んでエンパワーメントする必要を考えてください。

弱い大学生にしわ寄せが行き過ぎています。

周りを変えるより、あなたが変わったほうが早いです。