笑いヨガの可能性②

「人と人との交流が生まれる」

春秋の都市公園芝生広場での

本会主催の笑いヨガ体験会が特徴的ですが、

見知らぬ人同士

その日初めて会った者同士、

「握手笑い」で仲良く

笑っている姿を見ると

本当に笑いヨガはすごいなあと感じます。

同じ笑う健康効果を得るためでも、

落語会ではこのような交流は生まれません。

(私も落語は、好きです。)

人間関係の希薄な現代社会において、

また組織活性化においても、

良好なコミュニケーションが生まれ、

効果的であろうと考えます。

いじめ、パワハラなどが社会問題化していることを思うと、

「握手して互いに笑い合う」たったこれだけのことが

いかにできていないかと感じます。

世界で紛争が絶えないことについても同様です。

 

笑いヨガの考案者マダン・カタリア博士の言葉です。

「あなたが笑うとあなたが変わり、

あなたが変わると世界が変わる。」

私は、ひとりひとりが変わっていくことが求められている、

と感じています。

 

(文責 ゆりりん)