「ストレスと上手につきあうヒント

まず深呼吸、五感を働かせる、目の前のことに集中する」(貝谷,2012)
ラフターヨガ(笑いヨガ)では、すべて超簡単にしかも楽しくみんなできます。
「笑うエクササイズ」で楽に深くゆっくりとした呼吸を作り出します。(深呼吸)
なかなか深呼吸って、できませんよね。
慣れていないと。
意識しないので。
ラフターヨガなら、無理なくできます。
次に、
見る、聞く、嗅ぐ、触れる、味わう、などの五感を
働かせることをしっかりラフターヨガでは、行います。
そのことで右脳が活性化します。
また、本会でのラフターヨガへの参加のお約束に
「笑うことの集中してください」というものがあります。
おしゃべりすると折角の右脳の働きをストップさせてしまう
だけでなく、
これは、ストレス対応にもなっているのです。
私たちは、普段
過去のあれこれや(後悔など)
未来のあれこれ(心配ごとなど)
で頭がいっぱいです。
ラフターヨガのときには、
それらをいったん横に置いて
笑うことに集中してみてください。
当たり前ですが、
私たちは「今、笑っている」のです。
よく言われる、
「今に集中する」トレーニングにもなります。
なかなかすごいでしょ、
ラフターヨガ!!

<引用文献>

貝谷久宣 監修「心の重荷の下ろし方」

暮しの手帖58 6−7月号 2012年5月25日発行 (株)暮しの手帖社 p.120~122