子ども若者支援「笑いヨガ」ピアボランティアスタッフ養成講座

無事終了。

2014年3月8~9日(土日)

スタッフ希望者と不登校親の会の保護者の方に

ご参加いただき、ありがとうございます!

三重県よりそして遠く香川県より、

ご参加いただき本当に感謝しております。

2日間大笑いしながら、

笑いヨガをしっかり学んでいただけたでしょうか?

IMG_0083

 

 

 

 

 

 

 

「ラフターヨガをする前は、『理由なく笑う』ってどうするのだろうと

思ってけど、実際に体験すると、とても簡単で楽しかった。

と体の芯からあたたまる感じで、とても気持ち良かった。

相手の目を見ること、笑うことでコミュニケーションもとれて

グループの親近感もとても上がった。」(あゆみ)

「笑いヨガの深さを知り、じっくりと取り組みたいと思いました。」

(ひめみかん)

よい感想もいただけて、私もうれしいです。

私の方法がすべてではありませんが、

いままで私が笑いヨガリーダー・ティーチャーとして

数多くの「経験」という名の失敗のおかげで、

新リーダーになる方へお伝えすること

がたくさん増えたことは、ありがたいことと思っています。

 

 

私はこの笑いヨガが、子ども若者たちのストレス対処に

役に立つと考えています。

なぜならば、

「自分の気持ちを表現する」サポートになると考えているからです。

自分にとって不快な感情は、自分の身を守るため、

感じないように「ふたをする」傾向にあります。

見ないようにふたをして、

それらが消えてなくなってしまえばいいのですが、

残念ながら消えてくれません。

それならば「笑いヨガ」という枠を使って不快な感情を

「笑うエクササイズ」に変えてしまう、または

そう変えてしまえるようになるゆとりを

笑いヨガ実践によって作り出す。

どんな感情も大切な感情です。

そう思えることが、自己尊重感につながるのではないでしょうか。

そんなふうに考えています。

ともかく、みんなで笑うと楽しいです。

2014年4月より

子ども若者支援「笑いヨガ」月イチで定例開催しますので

ぜひ。