自分の気持ちを変えることができるのは自分だけ。

もう済んだことを

いちいち思い出して腹立たしい気持ちになっているのも

自分。

そんな不完全な私。